総量規制とカードローン

総量規制は、貸金業法の中で決められているルールで、消費者金融などの貸金業者が守らなければいけない決まりです。総量規制が施行されてから、貸金業者は、借り入れ申込者の年収の3分の1までしか貸付ができなくなりました。もし、その人が複数の貸金業者から借り入れをしている場合は、その借入残高の合計が年収の3分の1に達すると、貸金業者から新たな借り入れをすることはできなくなります。

 

総量規制があるので、収入のない人は融資を受けることができないわけですが、総量規制には例外があり、自分に収入がない専業主婦は、配偶者に安定した収入があれば配偶者の年収の3分の1までなら借り入れができます。ただし、その際には配偶者の同意書や婚姻関係を証明できる住民票などの書類が必要になります。

 

総量規制は、貸金業者を対象とした規制なので、銀行など、貸金業者でない金融機関には適用されません。ですから、銀行のカードローンなら年収の3分の1を超えた額でも申し込みができます。銀行のカードローンは金利も低いですし、楽天銀行やイオン銀行のように専業主婦も申し込めるところがあるので、検討されてみてはいかがでしょうか。